『わかりやすい野球のルール』粟村哲志のブログ

『わかりやすい野球のルール』(成美堂出版)監修者である現役野球審判員のブログです
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

打撃妨害と監督の選択権

今朝早くに知人から電話があり、ルールの質問を受けました。難しい内容ではありませんでしたが、よくあるケースなので紹介します。

ご質問の状況は二死三塁。打者は捕手に打撃を妨害(バットがミットに触れた)されながらもショートゴロを打ち、一塁でアウトになりました。

これは野球規則6.08(c)に詳しい規定があります。

野球規則6.08
 打者は、次の場合走者となり、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与えられる。(ただし、打者が一塁に進んで、これに触れることを条件とする)
(c) 捕手またはその他の野手が、打者を妨害(インターフェア)した場合。
 しかし、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側チームの監督は、そのプレイが終わってからただちに、妨害行為に対するペナルティの代わりに、そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。
 ただし、妨害にもかかわらず、打者が安打、失策、四死球、その他で一塁に達し、しかも他の全走者が少なくとも一個の塁を進んだときは、妨害とは関係なく、プレイは続けられる。
(後略)


上記により、打撃妨害の結果、打者、走者ともに一個の塁を進むことができませんでしたので、審判員は一塁のアウトが決まった瞬間にプレイを止め、打者には打撃妨害によって一塁を与え、三塁走者はそのままで、二死一・三塁でプレイを再開します。

質問は処置そのものではなく、「この場合は監督の選択権はないよね?」というものでしたが、事実上ないと考えていただいていいでしょう。上記の通り、規則上は監督には選択権があるので、プレイを生かすことができますが、このプレイを生かすと3アウトになってしまうので、野球規則5.04「攻撃側は、まず打者が走者となり、走者となれば進塁して得点することに努める」に違反すると考えられるからです。

たとえばこれが二死ではなく、一死三塁だったら、そして三塁走者が何らかの形で得点していたらどうでしょうか。この場合は、監督がショートゴロの間の得点を選択して二死走者なし得点1での再開を選択することもできますし、あるいは打撃妨害によるペナルティを優先して、一死走者一・三塁からの再開を選択することもできます。

三塁走者が得点していなくても選択権は行使できますが、常識的にはアウトカウントがひとつ増えただけの状況を選択する人はいないでしょう。また、スクイズプレイや本盗のように、走者がスタートを切っていれば、打撃妨害によるペナルティとして、その走者の進塁は認められます。

アンパイアリングで気をつけなければいけないのは、打撃妨害が発生したらとりあえず宣告だけしてプレイを継続できるところまで継続させることと、継続させたプレイが終わった後に監督の選択権を審判員から積極的に聞きに行ってはいけないということです。前者は、もし打者を含む全ての走者が一個以上の塁を進んだら妨害が取り消しになるし、結果として成立したプレイを攻撃側が選択したいと言うかもしれないからですが、後者はどうしてでしょうか。

たとえば、一死三塁から、打者が打撃を妨害されたにもかかわらず外野フライを打ち上げたとします(これで二死)。しかし、プレイが継続しているので走者はタッグアップして本塁に生還しました。

このとき、打者走者が進塁できなかったので、打撃妨害が成立します。そこで、審判員は全てのプレイが終わったところ(この場合は三塁走者の生還)で「タイム」を宣告します。そして、改めて「打撃妨害」を宣告し、三塁から生還した走者を三塁に戻し、フライアウトになった打者に一塁を与えます。

そうしたら、まず間違いなく攻撃側の監督が「何で得点した走者を戻すんだ」と聞きに来ると思います。そのとき初めて「監督には選択権がありますので、プレイを生かして二死走者なし得点1で再開しますか?」と聞いてあげてください。そして、そうしたいと言われれば、改めて三塁走者に得点を指示し、一塁に進ませた打者走者を除きます。

なぜこんな面倒なことをするのか? それは、たとえばこのケースで、三塁走者のリタッチが早かったらどうするかということを考えるからです。三塁走者のリタッチが早かったとして、プレイを生かしてタッグアップを認めた場合、プレイが再開されて守備側が正しくアピールを行い、審判員がそのアピールを支持したら、せっかく得点した三塁走者はアウトになってしまいます。もしこの選択権を審判員から積極的に「どうしますか?」と聞きに行ってあげて、結果アウトになってしまったら、「お前が余計なこと言うたからアウトになったやんけ!」と言われてトラブルに発展してしまうかもしれません。

そのために、審判員としては、面倒なようですが、打撃妨害の処置をして、監督の出方を待つのです。以前審判講習会か何かでこの説明をしたら、「監督が選択権を知らなかったらどうするんだ。意地悪じゃないか」と言われたことがありますが、自分がやっているスポーツのルールを知らない人のことまで責任持てません(笑)。疑問に思えば聞きに来ていただければいいだけのことです。ルールを正しく理解している監督さんなら、三塁走者のリタッチが早いのを確認していたら、きっと選択権を行使しないことでしょう。

以上、長文になってしまいましたが、打撃妨害と監督の選択権については一通り説明できたと思います。場合分けがあるのでゴチャゴチャしますが、覚えてしまえば何ということもないルールだと思います。ただ、監督や選手では、正しく理解してる人は少ないかもしれません。
スポンサーサイト
プロフィール

粟村哲志

Author:粟村哲志
1975年8月4日広島県生まれ。早稲田大学卒。早大在学中に、故・西大立目永氏に師事して審判を学ぶ。リトルシニア関東連盟審判員、東京都野球連盟(JABA)審判員等を経て、2007年から国内独立リーグで活動。2007年北信越BCリーグ、2008年四国・九州アイランドリーグ、2012BCリーグ、2013~2014年ルートインBCリーグ(クルーチーフ)、2015日本女子プロ野球リーグで審判員を務める。

現在は、リトルシニア関東連盟審判部技術委員(練馬シニア所属)。NPO法人Umpire Development Corporation正会員。関東審判倶楽部(KUC)アドバイザー。東都学生軟式野球連盟嘱託審判員。

監修書に『わかりやすい野球のルール』(成美堂出版)、『バッティングパーフェクトマスター』『ピッチングパーフェクトマスター』(別冊ルール解説、新星出版社)がある。インタビューおよび寄稿に「中学野球小僧」(白夜書房)2006年7月号「実戦で役立つボーク完全解説」p114~121、2007年1月号「ぼくらの野球用具大特集」p46、2007年5月号「7つの場面で徹底理解するランナーのルール」p162~169、2008年5月号「中学球児のためのグラウンドルール&マナー講座」p114~119など。

主な出場記録は以下の通り。
【リトルシニア】
日本選手権大会(00~07、09~15)
全国選抜大会(02、04~05、07、10、13、15)
ジャイアンツカップ(01~02、06~07、09~15)
【プロアマ交流戦】
茨城ゴールデンゴールズ対NPB選抜「フューチャーズ」球審(2007.5.31 水戸市民球場)
【BCリーグ】
2007年公式戦6試合出場
2012年公式戦2試合出場
2013年公式戦37試合(うちGCS2試合)/NPB交流戦1試合/OP戦2試合出場
2014年公式戦(集計中)
【四国・九州アイランドリーグ】
2008年公式戦55試合出場/NPB交流戦2試合出場
【女子プロ野球リーグ】
2015年公式戦(集計中)

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。